×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビックディスクローターによる

制動力アップ

ハイパワーになって最高速もアップしてきたため、ノーマルキャリパー+デイトナ赤パッドでの性能を使い切るためディスクローターを190mmに変更。

ノーマルディスクはステンレスですがハイカーボン鋼+フローティングで制動力は格段にアップします。

ディスクセンターが赤のアルマイト仕上げでインパクトもあります。

 

まず、タイヤを外す前にキャリパーを止めている赤丸のボルト2本緩めておきます。

次に黄色丸のゴムキャップを外すとキャリパーサポートをとめているボルト1本が出てきますので緩めておきます。

フロントタイヤを浮かせるためアンダーカバーの下にゲタをかませてタイヤを取ります。

画像と順番がアベコベです

ノーマル

190mmローター

ディスク比較

ノーマルのキャリパーサポートです。

キャリパーとサポートはボルト1本でとまって 1本はピンになっています。

ピンにはキャリパーが刺さっているだけです(周り止め)

190mmローター用サポートにピンを付け替えします。

キャリパーのピストンを押しパッドの隙間を空けておきます。

 

ローターを固定し キャリパーを固定したままだと装着することができません。

緩めたまま、装着し最後に増し締めします。

ここで問題発生!!

キャリパーとホイールが干渉

キャリパーを若干 削って干渉しないようにします。

ついに完成

う〜ん ビックローター

レッドもかっこいい

 

赤パッドにしたりフルード交換したおかげで、制動力が無かったわけではありませんが

最高速も格段にあがってきたためディスクを大型化したが

あまりにも効くため原付の制動力ではなくなってきています。

フロントだけは1ランク上の車種のブレーキになりました。

リアの制動力を上げたいが ドラムでは限界か・・・