×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バッテリー充電

エンジンが一発で始動しない時期が多々あり

バッテリーを酷使しつづけ完全にセルでエンジン始動することができなくなった。

キャブ洗浄し2,3発のキックでエンジン始動できるようになったためバッテリー充電をすることにした。

 

今回 購入した充電器は大自工業(メルテック)製のAS-200

ビバホームで3980円のところ現品限りということで3500円で購入

 

■小形バイク用充電器。シール形(密閉型)バッテリー。一般開放型鉛バッテリーに対応。

■入力電圧:AC100V・50/60Hz。出力電圧:DC12V。

出力定格電流:0.8A。バッテリー容量:2〜5Ah用。

■2種類の充電方式。

定電圧充電方式:密閉型バッテリーの過充電を 防止するIC制御による充電方式

高電圧充電方式:長期放置による放電バッテリーの再生用充電方式。(ただし、完全放電していると充電不可です)
■バッテリーチェック機能付(バッテリーの充電状態を簡易型のチェック機能)。
■2重安全保護回路内蔵(逆接続防止ヒューズ付き・ショート、
過電流はIC制御で内部回路を保護)。
■充電ランプ装備(充電中は点灯、充電完了時は
消灯する簡易機能)。通産省型式認定品。
■仕様 寸法(mm)高さ:75/幅:78/高さ:150。重量:550g。
 

◆通産省型式認定品・生産物賠償責任(PL)保険加入済み

 

 

Live Dio ZXのバッテリーは12Vのメンテナンスフリ)MF YTR4A-BSです。

記号からも4Ahの容量があるのがわかります。

 

説明書を見ると4Ahは充電時間は5〜10時間とかなりアバウト

とりあえず充電ランプにて完了がわかるのですがランプが消えてからも1〜2時間そのまま充電したほうが バッテリーが活性化するらしい。

 

さてスイッチを定電圧側にして充電器のクリップをバッテリーを接続してみると・・・

充電ランプが点灯しません!?

説明書によるとバッテリーチェックボタンを押してランプが点灯するならばバッテリーは再生可能ということで とりあえず一安心

高電圧(急速充電)側にスイッチを切り替えて充電することに

説明書では4時間以内に充電ランプが点灯し た場合は定電圧に切り替えるとあるが充電ランプは即点灯した。

ならば定電圧に切り替えるてみると消灯する。う〜ん どっちで充電すればいいんだぁ〜

とりあえず高電圧で1時間くらい充電したあと、定電圧でランプが消えるまで充電してみた。

 

セルでエンジン始動 ブルルン

 

これで快適に通勤できそう。

 

と 思ったら またバッテリーが上がった・・・

バッテリーを長期放電していたため逝っているのかもしれない。

何度か充電して少しでも復活させなければ

と言っても密閉型は