×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

軽量クラッチアウター

駆動系軽量化による高回転仕様

 

 軽量フェイス+軽量クラッチ+軽量アウターにより駆動系を軽量化させることにより中高速回転のレスポンスアップが狙えます。

 チャンバーを装着し高回転仕様向きです

 ただしノーマル車両ではトルクがなくなったと感じるそうです。

 実際 ノーマル車両に軽量クラッチをつけたとき最高速が落ちました。

 ノーマル469g 軽量アウター410g 約60gの軽量です。