×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

プーリーとトルクカムの関係

 

駆動系変速器のプーリーとトルクカムの関係を知ることで最高速を狙うようにします。

 

 

 

アイドリング付近

 

プーリーとフェイスは開いています。

ウエイトローラーは中心側に位置しています。

 

トルクカムとフェイスはセンスプの圧で閉じています。

トルクカム側のベルトは外側まで行っています。

トルクカムの溝のピンは外側までずれます(斜め溝)

斜め部分での再加速はキックダウンする為、

スムースに加速していきます。

 

最高速状態

 

ウエイトローラーは遠心力で外側に移動し

プーリーとフェイスは閉じています。

プーリー側のベルトもプーリーから

若干はみ出れば最高速がでるようになります。

 

トルクカムとフェイスは開いています。

トルクカム側のベルトは内側まで行っていますが

中心まで行くとベルトにグリスが着いてしまいます。

トルクカムの溝のピンは内側までずれます(平行)

平行部分での再加速はキックダウンしない為

エンジン回転が落ち鈍くなります。

 

 

低速を改善する方法

 

 

プライマリー側をローギア化すれば低速がトルクフルになります。

1案 プーリーボスを延長させベルトを中心までずらせばボーギア化されます。

2案 プーリーのランププレートと合わさる部分を削り込みます。

 

最高速化

 

 

 

プライマリーのハイギア化と

セカンダリーのローギア化すれば超最高速が狙えます。

プライマリー側は最外側に移動したベルトを

更に外側へ移動させるため

プーリーまたはフェイスの合わせ面を削ることで

ベルトを押し出してあげます。

セカンダリー側はベルトを更に中心に移動させるように

最高速側のトルクカム溝を削りフェイスが開くようにさせます。

ただし、削りすぎやベルトの磨耗は厳禁です。

 

最高速からの再加速改善

 

 

 

 

トルクカム溝が平行だと

センスプの影響をモロに受けますので

キックダウンできず回転が落ち

スムースに加速できなくなります。

 

平行部を斜めにすることで

センスプの影響を逃がし

キックダウンさせ再加速が

スムースに出来るようにします。

 

 

ここで駆動系で大切な部品を忘れていませんか?

そうエンジン側のプーリータイヤ側のトルクカムを繋ぐベルトです。

ベルトは長いものもあれば短いものもある。

また、削れて細くなりもする。

この差が分かれば更なる最高速が狙えます。

 

短いもの

プーリーとフェイスが閉じていてもプーリーの最外側に移動しきれない為、最高速は狙えません。

 

長いもの

プーリーとフェイスが閉じているときプーリーの最外側まで移動でき、最高速が狙えます。

 

細いもの(削れ)

プーリーとフェイスが閉じていてもプーリーの最外側に移動しきれない為、最高速は狙えません。

ベルトの幅が1mm細くなると最高速が5km/h落ちると言われています。

 

太いもの

プーリーとフェイスが閉じているときプーリーの最外側まで移動でき、最高速が狙えます。

 

と言うことは

短くて細いベルトは、まったく最高速が狙えなくなります。

短くて太いものは、それほど最高速が狙えないでしょう。

長くて細いものも同様 それほど最高速が狙えないでしょう。

長くて太いものは、もっともプーリーの最外側の端までいくことになり最高速が狙え ると思われます

 

ベルトの幅が1mm減ると最高速が5km/h下がるといわれています。

最低限ベルトの劣化や減りは、よく注意しておきましょう。

 
 
 
 
さて、駆動系のみで最高速を出す方法でしたが
基本的にハイギアード化した駆動系を回せるだけのエンジンパワーが無ければ
駆動系で最高速は出せません。
(とても長い直線があれば別ですが)
仮に駆動系のみで最高速が延びたとしても中低速が犠牲になることが大半です。
スクーターは基本的に30km/h以上は出せません
街中を快走するにはせいぜい50km/hまでを
イカに早く出せるかがポイントです。
まず、パワーにあった駆動系を組み、
中低速の加速を犠牲にすることなく最高速を狙うようにします。
また、何百mもかけて最高速を出したり
最高速での連続走行は
エンジンにも負担をかけます。
仮に最高速が80km/hでる車体では60km/h程度で巡航する余裕を持った走行をしましょう。
ただし、最低限のメンテナンスが出来なければ問題外だと思いますが・・・