×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

棚落ちしたためオーバーホール

 

 

 

 

シリンダーを開けることを決心

 

エンジンをバラスには、外装 ステップボード エンジンカバー マフラーなどを取り外さなければなりません。

エンジンボルト4本を対角上にゆるめると腰上をばらすことができます。

シリンダーヘッドです。

何か付いています。

よく見るとアルミのような気がします。

削ればヘッドは使えそうです。

シリンダー内のピストン上部です。

ヘッド同様 なにか付いています。

んっ欠け?

シリンダーを軽くたたいてシリンダーを外しピストンを見ると・・・

完全に欠けています。と言うか溶けています。

溶けた残骸がピストンリングを固着しています。

完全に死亡です。ナム〜

シリンダー内壁をみると浅い縦傷と

解けた残骸が固着しています。

こちらも死亡です。なむ〜

 

 

 

 

新しいシリンダーピストンを用意して組み付け

 

新しいシリンダーです。

とりあえずKN企画のものを用意しました。

よく見ると掃気ポートの形状が若干違います。

マフラーを止めるスタットボルトは、流用するため ナットをダブルでかまし取りはずします。

シリンダーにピストンを入れる場合、リングが変形しないように慎重に組み込みます。

また たっぷりの2ストオイルをピストンリングとシリンダー内壁などに塗りこんで起きます。

ガスケットにも2ストオイルをしみこませて起きます。

シリンダーのセンター出しですが手で回る程度まで締め込み、10発以上キックをします。

若干締めこんで再度キックを10発

トルクレンチで規定の1.0kg・mで車のタイヤのように対角線上に締めこんでいきます。

ちなみに私のトルクレンチは100kg・cmとなっています

 

プラグをセットしエンジン始動できるか確認します。

チャンバーをノーマルに戻し、 ウエイトローラーを2gづつ重くし低回転で100kmくらいナラシを行います。できれば100:1の割合でガソリンタンクに2ストオイルを入れナラシをしたほうが善いでしょう。

チャンバー装着して9000rpm回るエンジンだったら ノーマルに戻しMAX7000rpmまでしか回らないようにしなければなりません。

 

 

 

 

 

さて次回はポート加工面研ヘッドでもしようかな・・・

 

ブローの状態